Small House

小さくて快適な家のつくり方

限られた敷地面積の中で建てる小さな家、狭小住宅こそ、デザインの力で豊かな場を生み出すことのできる、設計の力で空間の質が大きく変わる住宅です。
限られた大きさのなかでも、
「狭さを感じることなく、のびのびと暮らしたい」「年月とともに変わっていく家族の状況に柔軟に対応できる間取り」「収納のスペースもしっかりと確保したい」など、様々なご要望をかなえるために意識するポイントを「デザイン」と「法規」の二つの視点からいくつかご紹介します。

「抜け」をつくる

窓や吹抜けなど、視線や風、感覚的に抜けていく場所をつくります。
周囲が建て込んだ場所では、天窓や吹き抜け、中庭などで内外の環境を上手に使い広 がりのある空間となります。

<実践事例>

間取りを最初から完成させない

部屋は必要な時に必要な場所につくります。家族の成長や誕生、状況の変化に合わせ 部屋が必要なった時に、壁や引戸で空間を間仕切る、建築当初は吹き抜けとしておき 必要な時に床をつくって部屋にする。そして部屋が必要なくなった時には元の広い空 間に戻すなど、間取りは時間を追って変えられるものだと意識します。建てた時が完 成ではないという安心感を享受します。

<実践事例>

天井高さを上手に使う

面積の狭さは高さでカバーします。天井を高くするとそれだけで感覚的な広さが大きく 変わります。全ての場所の天井を高くする必要はなく、上げる場所と抑える場所、メ リハリをつけて心地いい場所をつくります。

<実践事例>

面積の緩和を上手に使う(法規)

「地下は住宅全体の1/3まで容積率に算入されない」「ロフトはその階の床面積の1/2まで容積率に算入 されない」「駐車場、駐輪場は、住宅の1/5まで床面積に算入されない」「屋上は床面積に算入され ない」など、建築の法規には面積上の様々な緩和があります。
それらを活用することで必要な空間を つくり出します。

<実践事例>

高さの緩和を上手に使う(法規)

面積と同じように法規上の検討が必要な様々な高さの制限は、天空率の計算という方法を用いることで 緩和する
ことができ、より高い建物を建てることができることがあります。